サクラのルーツとは?そもそもどんな意味?何のため?

出会い系サイトを語る上でよく出るワードが「サクラ」ですよね。

 

何気なくサクラという言葉を使って知ったかぶりになっていませんか?

 

サクラはどんな意味なのか、現在の出会い系サクラの実態やサクラ募集についてなど、これを見れば出会い系のサクラが丸分かりになるぐらい、サクラについて知っちゃいましょう。

 

サクラのルーツを探っていくと、江戸時代に遡ります。

 

江戸時代の芝居小屋で、タダで芝居を見せてもらう代わりに観客席から掛け声をかけたりなどの盛り上がりを演じる人を隠語で「サクラ」と呼びました。

 

サクラのルーツ

 

桜はパッと咲いてすぐ散るので、その様を盛り上げ役のサクラと呼んだそうです。

 

サクラは芝居小屋だけでなく、露店で高値で商品を購入するフリをしたりなどの店側が仕込んだ偽客にも名前が利用されるようになり、現在でも出会い系サイト以外で利用されています。

 

スポーツ観戦で応援団を仕込んで盛り上げを見せたり、商品の行列にサクラを並ばせていかにも商品が人気のように見せたりなどです。

 

つまりサクラとは、さも盛り上がったり、人気だと見せるためのカモフラージュです。

 

出会い系サイトのサクラはサイト側が仕込んで会員数を上げ、いかにも多くの人が利用しているサイトのように見せかけるためのものです。

 

また、出会い系サイトの場合は男女比が極端だと出会えないサイトだと判断されます。

 

ありがちなのが、男性ばかり登録者が多くて女性が少ないという問題です。

 

そうなると男性会員は、女性が少ないから登録するのをやめようと登録者を逃してしまいます。

 

また、男性が多いと競争率が激しいサイトと思われてしまいますので、サクラで女性会員を水増しし、いかにも男女比が釣り合っていて出会えそうなサイトを演じるのです。

昔の出会い系はサクラが多かったけど現在は?

出会い系でよく聞くサクラとは?サクラに騙されない攻略法

インターネットが月額料金で使い放題になるかならないかぐらいの時、出会い系サイトは盛り上がりを見せていました。

 

そして、当然のようにサクラを利用していたそうです。

 

「いたそうです。」と言うのは、正確にサクラだったとどこの企業も明言していないからです。

 

出会えないからサクラが多かったであろうとか、知り合いがサクラだったなどの推測や噂なので「いたそうです。」としています。

 

サクラを雇ってましただなんて言ったら、信用情報にもなってしまいます。

 

昔は多かったであろうサクラは現在ではどうなっているのか?減ったのか?減ってほしいところではありますが、減ってはいません。

 

国民生活センターでは、出会い系サイトのサクラだと思われる相談件数が減っていないからです。

 

また、海外発の出会い系サイトでは、女性会員の多くが架空の人物であった事や、従業員が会員アカウントを不正に作る仕事をしていた事などが明るみになっています。

 

サクラが出会い系サイトにどのくらいいて、数はどのように推移しているかは数える事なんてできません。

 

しかし、こういった事からサクラは減ってはいないというのが分かります。

 

しかし、逆にサクラが減ったという考え方もできます。

 

それがキャッシュバッカーと呼ばれる人達の登場があるからです。

 

出会い系キャッシュバッカーについてはこちら

 

キャッシュバッカーが集まってくるから、わざわざ運営側でサクラを雇う手間がなくなり、サクラは減ったという考え方もあります。

 

また、国民生活センターの相談ではサクラではなくてキャッシュバッカーだったという場合もあるでしょう。

 

いずれにしても、サクラもキャッシュバッカーも出会い系サイトで出会う気がない人達なのですから、真面目に会いたい人にとっては迷惑な存在に変わりありません。

出会い系サクラの見分け方

サクラの見分け方は色々あります。

 

まず第1に、サクラはきれいな女性や可愛い女性というのが当たり前です。

 

そうしないと、男性会員に見向きもされないからです。

 

しかし、そのキレイはもちろんフェイクです。本人ではありません。

 

出会い系サクラのきれいな女性や可愛い女性

 

本人であっても、素の顔が分からなくなるぐらい修正してあったり、ぼかして可愛く見せたりします。

 

また、インターネットで可愛い女性の写真を勝手に転用し、利用するというものまであります。

 

プロフにある写真がインターネットで他のサイトに使用されていないか調べ、もし別サイトで出会い系サイトに全く関係ないサイトで同じ写真があるならば、そのプロフはサクラだという可能性が高いでしょう。

 

そしてサクラの場合は、男性会員のポイントがなくなる直前でポイントをさらに課金しようとします。

 

ポイントがなくなるであろうという時に返信が必要なメールをしたり、直アドを交換したいというような男性にとっては無視できない会話をしてきます。

 

さらにサクラは、アダルトな会話をする場合も多いです。

 

出会い系サイトはピュアな出会いもありますが、アダルトや体目的の出会い希望も多いです。

 

男性はアダルトに対する欲求が強く、アダルトビデオを有料でも購入したりと性欲には勝てません。

 

それにつけ込み、いかにもすぐヤれる女を演じて男性と連絡をとります。

 

もちろんサクラはヤれるわけなく、もうすぐ出会えるという淡い期待を持たせて連絡がとれなくなるなどの自然消滅がオチです。

出会い系サクラの手口とは?

サクラが大好物なのは、出会い系サイトに登録してまだ間もない初心者の人です。

 

出会い系サイトに登録して1年や2年も経っている男性会員だと、サクラの存在に気がついて警戒しているかもしれませんし、その人なりのサクラ対策をしているかもしれません。

 

しかし初心者ならば、まだサクラについては半信半疑です。

 

そして、対策もしっかり立てているとは限りません。さらに初心者だと、女性からメールが来た喜びが大きく、食い付きが良いです。

 

カモとなる男性を見つけたら、ファーストメールを送っていかにも気がある事と、メル友になりたいなどを言います。

 

まだその女性と会ってもいないし、プロフや日記なども充実していない時期なのに好きになっちゃったのような恋愛感を出してくる人もいるでしょう。

 

それからたあいもないメールをしてポイントを削ってきたり、会話が途切れそうになると新しい話題を話す、会いたいなどの意味深な言葉を使って男性を騙すなどの手口です。

 

または、男性がタイプの子を出会い系サイトで見つけて、ファーストメールを送ったら女性もあなたがタイプだと言ってきたりなど、さも運命の出会いのような演出をする場合もあります。

 

サクラの手口は、とにかくあなたが気になっていてメールしたいという姿勢から、それが言葉になっているところです。

 

サクラだと気がつくのは、連絡をしてある程度は仲良くなってからという場合が多いので、まさにサイレントキラーなのです。

出会い系サクラサイトの見分け方・特徴

先ほどではサクラの見分け方について説明しましたが、今度はサクラサイトの見分け方になります。

 

サイトを見分けられれば、女の子がサクラかどうか見極める必要もなくなるので、サイトの見分け方も勉強しておきましょう。

 

出会い系のサクラサイトかどうかというのは、料金で分かります。

 

料金が一般的な出会い系サイトよりも倍ぐらい高いと、サクラばかりで悪徳な出会い系サイトだと見分けがつきます。

 

一般的な出会い系サイトの場合、メールを送信したりプロフを見たりなどで料金がかかります。

 

ポイント制になっており、1ポイントで10円というのが複数の大手出会い系サイトの特徴です。

 

メール送信で30円や50円、プロフ閲覧で10円、掲示板投稿は1日1回無料です。

 

2回目から10円など、なにかアクションを起こすと10円単位でポイントが消費されるのが相場です。

 

それがサクラサイトだと、1回のメール送信で500円、掲示板投稿が100円など相場が倍ぐらい違います。

 

出会い系サイトにまだ慣れていない男性ほどサクラサイトは引っ掛かりやすく、女性はみんなサクラだと気がつかないまま連絡のやり取りをしてポイントを無駄に消費するのがお決まりコースです。

 

また、悪質出会い系サイトという意味では、男性も女性も有料、登録する時に入会金がかかる、年齢確認をサイトで行っていないなども悪質出会い系サイトです。

 

悪質なわけですから、登録している男女は運営が用意したサクラだらけという可能性もあります。

 

サクラは1人1役ではなく、1人が複数のアカウントを使っている場合もあります。

 

そして、女性になりすました男性サクラという場合もあります。

 

そんな相手のためにポイント消費したくないのならば、出会い系サイトに登録する前に料金表をチェックしましょう。

 

サイト登録料は無料か、料金は女性が無料で男性は有料か、料金表は相場かなどがチェックポイントです。

出会い系キャッシュバッカーとの違い

サクラよりも最近流行っているのが、キャッシュバッカーの存在です。

 

サクラはサクラサイトに多く存在し、老舗出会い系サイトや大手出会い系サイトにはあまりいない可能性があります。その代わりに、こういった優良サイトによくいるのがキャッシュバッカーです。

 

キャッシュバッカーとは、サイトでお小遣いを稼ぐ人の事です。

 

主に女性で、男性とメールをやりとりしてポイントを貯め、換金するという人達です。

 

「キャッシュバック=お金が戻る=ポイントがお金で帰ってくる」という意味です。

 

Cash backで「CB」と略される場合もあります。

 

なぜキャッシュバッカーがポイントを貯めて換金できるのかというと、これも運営が用意したサクラのような目的です。

 

出会い系サイトの男女比を均等にし、女性会員が多く存在するための寄せ集めです。

 

サクラとの違いは、キャッシュバッカーは運営が用意していないという点です。

 

サクラの場合は、運営が募集をかけてサクラとして雇います。

 

雇うといって歩合制の場合がありますが、サクラを用意するために募集をかけて、1人が複数のアカウントを持つ事もできます。

 

または、運営で働く社員が秘密裏にサクラとしての業務をしている場合もあります。

 

しかしキャッシュバッカーは、一般女性が登録をしています。

 

出会い系サイトに雇われているわけではありません。

 

一般女性が出会い系に登録して、出会いを求めるフリをしてポイントを稼ぐか、出会いを求めながらもお小遣いを貯めるのがキャッシュバッカーです。

 

繁華街でポケットティッシュ配りから出会い系サイトのティッシュをもらい、そこに「お小遣いを貯める。」とか「出会える。」などが書いてあり、出会い系サイトに登録している人もいます。

 

サクラもキャッシュバッカーも出会えると見せかけてお金を稼ぐのですが、サクラは運営が雇う仕事で、キャッシュバッカーは一般的な女性が行うお小遣い稼ぎです。

出会い系のサクラのバイト募集があるって本当?

サクラバイトの募集はあります。

 

しかも一般的な事務職やアルバイトなども掲載されている求人募集媒体で見つかりる場合もあります。

 

その求人では、募集としてPCオペレーターなどと書いてある場合があります。

 

服装や髪型は自由で、若い男女が多く求人に集まるようです。

 

そして、歩合制なども書いてあったり、簡単な仕事などとも書いてある場合が多いです。

 

出会い系サイトのサイト名は一般的に知られているサイトも多くありますが、会社名はあまり知られておらず、求人だけを見るとどんな会社なのかよく分からないという人は多いです。

 

そのため、話を聞いてみたら出会い系サイトのサクラだったという事もあります。

よくある出会い系サクラの手口と特徴

不特定多数に一斉送信

これは一昔前の出会い系サイトのサクラがよく使っていた手法で、現在は男性がサクラに対しての知恵が進んできてるのであまり効果がないようですが紹介しときます。

 

送ったメールの内容に対して話が噛み合っていなかったり、話してる内容がまったくずれたりしたらサクラです。

 

またあなたのハンドルネームを使わず『あなた』などと不特定多数の名前を使ってきます。

 

エロい・お金・大胆なメールをしてくる

「援助します」「セフレになってください」「今すぐ会ってエッチしたい」「あなたに100万円用意しました」などをファーストメールでしてきたり、即アポ即エッチOKなど、そんなメールがきたらサクラに間違いなし!

 

エロメールをすぐしてくるのもまずサクラに間違いなしです!下ネタやお金の話を向こうから持ちかけてきたら注意しましょう。

 

同じ女性から何回もメールが来る

出会い系で返信してないにもかかわらず何度もメールを送ってくるのは100%サクラと思ったほうがいいです。

 

無視していると「なんでメールくれないの?」とか送ってくるやつですね。またファーストメールで長い文章のメールを送ってくるのも今までの体験では要注意です。

 

アドレスは会ってから

会うのよくてアドレスはダメ。普通は逆ですよね。

 

アドレスぐらいで怖いなら出会い系は利用しないはず。今は受信拒否などもできるし、本当に出会い系で怖い目に遭ったらもう利用しないのが普通ですから。

 

また、結構メールのやり取りをしているのにまったくアドレス、電話番号を教えてくれないのもサクラの可能性があるので切り捨てたほうがいいですよ。

 

これはキャッシュバッカーにもあてはまります。

 

特殊な職業

「看護婦」「社長令嬢」「レースクィーン」「モデル」「女医」など男性がそそられる職業をかたってる場合はほとんどがサクラ!
考えてみてください。あなたが「モデル」をしていたら、出会い系を利用しますか?

 

バレるかもしれないのにわざわざ出会い系という場で堂々とかたったりしますかね?

 

本当の場合もあるかもしれませんが、ファーストメールでは普通明かさないでしょう。

 

よほど飢えてないかぎりです(笑)出会い系なんかしなくても出会いがあるでしょうからね。

 

タイプミスしているメール

出会い系サイトでこんなメールが来たことありませんか?「メール待ってまs」あきらかにおかしいですよね?これは大量にパソコンでメールを送っている証拠です!

 

携帯サイトなら間違いなくサクラです!こんなミスするならサクラ辞めろっていいたいところです(笑)

 

やたらハートなどの絵文字を使ってくる

ファーストメールからハートなどの絵文字ばっか使うのはサクラの可能性大です!

 

そういう珍しい人もいることはいるかもしれませんが、知らない男性にハートなんか多用する女性は滅多にいないでしょう。注意すべきです!

 

あまりにも非日常的な理由

「妹が障害持っていて面倒みるのが辛くて…支えになってください」

 

これは同情得ようとしてますので気をつけてください。出会い系やってないでちゃんとみてやれよって言いたくなります。

 

「最近引っ越してきたばかりでわからなくて淋しいです」
これは微妙だがサクラメールに多くみられるので気をつけましょう。

 

「主人が出張で家を空けていますので今週中に会えますか?」
いくらなんでもわざわざ家を空けてるとか家に招こうとしないでしょう。

 

「私はまた未経験です初めての相手になってください」
自ら自分で処女というやつは要注意!私も処女の子を相手にしたことがありますが、決して掲示板やファーストメールでは言わなかったですね。

最終目標はアドレス・LINEID交換

さらに上のような条件をクリアした場合でも

 

「アドレス交換やLINEID交換はできなかったが会う約束はできた」場合と「ドタキャンされた(言い訳つき)」場合。

 

この場合は残念ながらサクラです。

 

アドレス交換して会う約束ができた場合。

 

この場合はあまりサクラの可能性はありません。

 

アド交換して会う約束までできたらほぼ会えると思いますよ。ここまでを目指しましょう!

 

出会い系サイト内で会う約束ができてもアドレス交換をしてくれなかった場合は必ず会えた事がありません。

 

会う約束するを時はメアドで約束するように心掛けしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加