有料表示や再確認画面がない出会い系サイト

この法律において電子消費者契約とは消費者と事業者との間で電磁的方法により電子計算機の映像面を介して諦結される契約であり、事業者又はその委託を受けた者が当該映像面に表示する手続きに従って消費者がその使用する電子計算機を用いて送信することによってその申し込み又はその承諾の意思表示を行うものとする。

 

解説

この法律はつまりネット上で契約する時には必ず業者は消費者に対して再度、意思確認をしないといけないということです。有料の表示や確認画面がなければ無効になります。

 

従って「登録」→「本登録確認」という流れがなければ契約は無効になります。

 

どんなサイトでも必ず確認画面って出ますよね?ネットショッピングでもクリックしたらいきなり商品購入完了!なんてことはありません。ユーザーに間違いがないか確認させるために決まっていることなんです。

 

なので出会い系サイトでいう自動登録・同時登録・クリック登録の出会い系サイトなどは違法中の違法なので、一切相手にする必要はありませんよ。

 

インターネットではクリックひとつで物が買えたりサービスを利用できるので、画面に登録完了!料金発生!みたいなことになると勘違いしやすく、いい人ほど払わなきゃと思ってしまいます。

 

ですので身に覚えのない登録や請求はちゃんと確認していきなり払うことのないようにしましょう。

 

関連リンク

 

架空請求メールにご注意ください

一般社団法人日本調査業協会
「電子消費者契約法」という言葉を使って架空請求を行っている悪質業者がいます。
注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加