出会い系サイトから18歳未満を守る為の法律

『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』

解説

出会い系サイト規制法とは悪質出会い系サイトを排除するために平成20年12月に施行された法律です。

 

これまで野放しだった違法な悪質出会い系サイト業者に対して、総務省が介入できるようになりました。

 

これにより総務省から指摘されたサイトは改善しない限り、運営ができなくなります。

 

また出会い系サイトの運営は届け出などは必要ありませんでしたが、この法律により国家公安委員会への届出とサイト上の表示が必要になります。

 

そしてなにより18歳未満の児童を犯罪から守る役割もあります。

 

これまで問題になっていた18歳未満による出会い系サイトの利用ができなくなり、出会い系サイト運営者は18歳以上かどうかチェックすることが義務付けされることになりました。

 

出会い系サイトを登録する時や利用する時に年齢確認が必要ですとありますが、これはこの法律ができたことによるものだと言えるでしょう。

 

関連リンク

 

出会いアプリについては規制されない?おもしろい記事があったので紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加