広告メール送信者に表示義務が必要な法律

【特定電子メールの送信の適正化等に関する法律】

解説

通称「迷惑メール規正法」あるいは「特定メール送信法」と呼ばれ、不特定多数に送信される広告(スパム)メールが社会問題となった際に、その行為を制限する為に2002年7月に施行された法律です。

 

具体的には特定電子メール(広告メール)を送信する際、以下の表示義務を定めたものです。

 

  1. 表題における「未承諾広告※」の表記
  2. 当該送信者の氏名又は名称及び住所
  3. 当該特定電子メールの送信に用いた電子メールアドレス
  4. 当該送信者宛の返信用メールアドレスを初め、送信拒否を希望する者に対する再送信の禁止、存在しない架空のメールアドレスを用いた送信の禁止

 

つまり、メールマガジンなどを送る時は上記の表示が義務付けされたことになります。これにより住所や誰が送ったかを表示されていない広告メールは違法になるんですよね。

 

しかし、日々届く迷惑メール業者にはそんなことを守る意志などありませんから、迷惑メール業者に適用するにはほぼ無意味と言えるでしょうね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加