損害賠償の額は利用した額×14.6%の金額

当該消費者契約に基づき支払う金銭の全部又は一部を消費者が支払い期日までに支払わない場合における損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であってこれらを合算した額が、年14.6%の割合を乗じて計算した額を超えるものは無効とする。

 

解説

出会い系サイトなどで遅延損害金やら調査費などで何万も請求するサイトがありますが、法律では遅延損害金として払わなきゃいけない額は「利用した額×14.6%の金額」で良いという事です。

 

「3000円なら480円」「10000円なら1460円」です。それ以外は払う必要は一切ありません。

 

出会い系サイトで損害賠償金が発生したなんてあまり聞きませんが、一部の優良出会い系サイトでポイント料金の後払いができる所は払っていないと、こういうことになるかもしれませんね。

 

それでもいきなり払え!なんてこともありませんし、猶予はかなりあると思います。よほど悪いユーザー(笑)でなければ損害賠償は気にしなくていいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加