女の子には理由付けをしてあげると断れなくなる?!

リアルアポの取り方!会う理由を作ると女の子は断れない

出会い系サイトで最大の山場となるのが、仲良くなった女の子とデートする方法ですよね。

 

デートに断られたら気まずいですし、デートに誘うきっかけが良く分からない!となったら、以下の方法を利用してみましょう。

女の子が暇な日をさりげなく確認しておく

女の子をデートに誘う前にやっておきたいのが、その子のスケジュールをある程度は把握しておく事です。

 

土日はバイトで忙しいから、平日の夜の方が時間が持てる、平日は仕事だけど土日は休みで友達と会っているなどです。

 

スケジュールがシフト制で決まった日が休みじゃないなら、1ヶ月のスケジュールはどんなものなのかなどをチェックしておきます。

 

こういったスケジュールの確認は、女の子にダイレクトに聞かなくても大丈夫です。

 

「土日はいつも何してるの?」や「平日休みなの?」「シフト制なんだ。大変だね。」のように、少しずつ会話をしながら聞いていきます。

 

また、メールの返事がいつ返ってくるのかという事からも休みは推測できます。

 

休みの日や自由になる時間帯などが分かると、そこを狙ってデートに誘う事ができます。

 

相手が休みならば、デートに誘って断る理由なんてありませんよね。

 

他の約束が入ってるからなどの理由で断るならば、次にまたデートに誘ってみます。

 

女性がサクラじゃないならば、2回もデートに誘われて断るのは気が引けるため、お誘いに乗る気持ちになります。

 

また、2回目もデートに断るならば、いつならデートに誘っていいのか聞いてみましょう。

きっかけは、期間限定のお店やイベントで

女の子の大体のスケジュールが分かったら、次は女の子とデートする場所を決めます。

 

ここでポイントとなるのが、期間限定でオープンしているお店やイベントなどにする事です。

 

期間限定だと、女の子を誘いやすいというメリットがあります。

 

「今、期間限定で話題のニューヨークのお店が駅前に出店してるみたいだよ!一緒に行ってみない?」
「次の週末、アリーナでアニメのイベントをやるみたいだよー。一緒に行ってくれる?」などです。

 

仲良くなってきているのならば、相手の趣味が分かってくるでしょう。

 

相手がアニメ好き、お菓子好き、楽器好きなどの趣味に合わせて、そういったイベントを探してあげます。

 

もし1日で帰ってこれる距離でイベントなどがやっているのならば、それをきっかけにデートに誘ってみましょう。

 

期間限定という理由から、今行かなきゃもったいないと女の子は思い、その場所に行きたいからデートを承諾してくれるかもしれません。

 

期間限定じゃないと、いつでも行けるから‥と女の子は会うのを焦らないかもしれません。

 

また、わざわざ楽しめそうな場所を探してくれたとあなたの株が上がるかもしれません。

断る女の子はサクラ?理由はある?

それでも断る女性は、ただ忙しくて会えないからなのか、サクラなのかですよね。

 

日にちを置いてまた誘い、それでも断るならばサクラかもしれません。

 

サクラじゃなくて断る女性は、きちんと理由を教えてくれます。

 

その理由を教えてくれるようになるには、やはり女の子とある程度の信頼関係が必要です。

 

信頼関係がないと会いたくないという女の子は多いので、まずは仲良くなってからデートに誘いましょう。

 

それまではサクラかどうか分からなくても、サクラじゃない可能性に賭けましょう。

 

デートを女の子に断らせないためには、まずは信頼関係を築いていく事、そして期間限定のイベントで誘う事です。

 

期間限定はイベント、芸能人のコンサート、飲食店のメニューなど、なんでもいいんです。

 

女の子の趣味に合うものなら、納得してデートしてくれるでしょう。そして、女の子も楽しんでくれるはずです。


お持ち帰りするなら女の子のプライドを守ってあげる

お持ち帰りするなら女の子のプライドを守ってあげる

さて、ここからは出会い系で会ってお互い良い雰囲気で彼女も帰りたがらないなら是非やってみてください。

 

先ほども言ったように、女の子は基本的になにかと理由を欲しがります。

 

本当はアレが好きだけど自分は男とアレしたとは認めない部分があるんです。

 

それは誘われる立場を取ろうとする女の子のプライドなんですね。

 

だから、女の子が「しょうがなくそうなった」と自分に言い訳できるような状況を作る必要があるんです。

 

例えば「ドライブをしていていきなり腹痛を起こしたと言って、近くにあったラブホテルの中に入った。少し休憩したあと残りの時間はアレによるリハビリに使った」

 

この場合はあきらかに仮病とわかっても女の子はこのような演出をありがたく思うんです。

 

「私がエロいからホテルに付き合ったのではない」と自分に対して理由を付けられるから。

 

女性だけではなく人間はちょっとした理由で納得してしまうところがあります。

 

あなたがコピーの順番待ちをしていると、横から「すいません、急いでいるんです。」と頭を下げられたら、「こっちも急いでるんだ」なんて反射的に言えないですよね?

 

仮病を使わなくても、「ちょっと疲れたから休まない?カラオケでもしようよ」と、言って近くのラブホテルに入るのも、「最初はアレが目的じゃなく、休んでカラオケだけだった」と女の子は言い訳できるのです。

 

今はラブホテルでもカラオケはできますからね。

 

このような場合でも女の子は恨むどころかありがたく思うんです。しかしなんてわがままな生き物でしょうね(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加