出会い系メール実践術

【共感に弱い】なぜ出会い系で落としやすい女性は感受性が豊かなのか

【共感に弱い】なぜ出会い系で落としやすい女性は感受性が豊かなのか
「出会い系サイトなんか出会えないぜ!もうやめたいわ!」

こんな言葉を耳にした事がある人もいるでしょう。こんな言葉を口にする人は、恐らくやみくもにメールを撃ちっぱなして、やみくもに女性を引っ掛けてるだけかもしれません。

結論から言えば、出会い系サイトは簡単に出会えます。

出会うためには、落としやすい女性を選べば良いだけなのですから。落としやすい女性とは、共感に弱い女性達です。

人は誰しも自分の事を分かってくれる人には好意を抱きやすいですよね。

その共感に弱い女性は、感受性が豊かな女性や自分の自己主張が強いなど自分が大好きな人です。

そういった女性達に、その人の属性や見た目を生かした共感を与えていけば女性はイチコロになります。

では、その共感とはどのように行うのか、また、感受性が強すぎて共感してはいけない女性達についても紹介していきましょう。

プロフや掲示板の書き方で分かる共感に弱い女性

女性は出会い系サイトで顔写真を掲載していなかったり、加工で顔が分からない写真を利用する人が多数います。

しかし、プロフや掲示板は誰もが書いていますよね。

また、日記を利用してる人もいます。その文書でチェックするのは、その女性の心がどうなってるかです。

感受性が豊かな女性

感受性が豊かとは、刺激や変化を受け入れやすい事です。良く笑い、良く泣き、良く悩むなど、感情が忙しい人です。

幼い子供をイメージすると分かりやすいでしょう。

こういった感受性が豊かな女性は、歌に自分を投影したり詩を綴ったりする場合があります。

プロフに歌の歌詞が書いてあったり、掲示板の内容が遠回しで分かりにくい、日記が意味不明など、いわゆる芸術っぽい文章の女性がいたら、落としやすい女性の可能性があります。

日常生活ではポエムを作るのが恥ずかしいから、出会い系サイトで詩を密かな楽しみにしてるというなら、共感してあげればイチコロです。

また、彼氏と別れて悲しい、引越したばかりで寂しいなど、気分が落ち込んでる女性や精神的に不安定な状態の女の子です。共感してあげれば落ちやすいです。

出会い系サイトの掲示板で見るとちょくちょく目に止まります。

負の感情が刺激となり、感受性が豊かになる時期なのでプロフや掲示板で逃さないようにしましょう。

自分大好きな女性

自分大好きと日常生活で自己主張するのは勇気が必要ですよね。

しかし出会い系サイト内ならば、ネットだから自己主張しやすいという事で自分大好き人間はわりと出会い系サイトにいます。

プロフの文章で、強い口調で「ルックス重視はお断り!写メ嫌いだし!」などの投稿があれば、自己主張したい自分が大好きな女性かもしれません。

自分が大好きな人は、チヤホヤされるのが大好物です。共感して同調してあげれば距離はぐっと近くなります。

また、同性の友達よりも異性の友達の方が多いなどが書いてあったら、チヤホヤしてあげると落ちやすいですよ。

インスタグラムなどのSNSによく投稿する女性

また、インスタグラムなどのSNSによく投稿する人も、ある意味で自分が大好きな人です。

SNSで外の世界と繋がっていたい、自分の存在を知らせたいなどの思いがあるのは、一種の自己主張ですよね。

そもそも、SNSも出会い系サイトもコミュニケーションツールなので、SNS大好き女子ならば出会い系サイトで落ちる可能性は高いです。

落としやすい女性を見つけるキーワード

感受性が豊かな女性と、自分大好きな女性を見つけるキーワードは以下の通りです。

  • 歌、ポエム
  • 遠回し、意味不明な文章
  • 彼氏と別れた
  • 引越しした
  • 強い口調の文章
  • 男性の友達が多い
  • SNSが話題に良く出る

プロフや掲示板、日記、メールなどで以上のキーワードが出てきたら、共感してチヤホヤしてあげましょう。すると、仲良くなって会いやすくなります。

メンヘラやヤンデレには注意

ただし、悲しい感情があり過ぎる女性は相手にするべきではありません。

メンヘラやヤンデレという言葉を聞いた事があると思いますが、心に深い闇を持ってる女性は依存し過ぎてしまいます。

誰かに構って欲しいから出会い系サイトに登録したなどでメンヘラやヤンデレは会いやすいのですが、自殺をほのめかす、ストーカーになるなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、依存し過ぎる女性には注意しましょう。

ストーカーで逮捕された人のブログには「彼女と仲良くなるために神様が仕向けてくれた。」のようなポジティブ過ぎる文章もあります。

言い過ぎじゃないのかと思ったら、様子を見て会うかどうかきめましょう。

特徴を褒めてメールで共感する実際の口説き方

感受性が豊かな女性や自己主張が強い女性かなと思ったら、メールでまずは共感します。そして、良い所を探して褒めます。

共感と褒めるやり方は、その女性の特徴によります。

人妻で夫から相手にされない女性に対しては

「辛いよね。結婚したから夫だけ相手にするのはさ。僕だったらキレそうだけど、良く頑張ってるよ。」

などです。

また、ぽっちゃりで体型に自信がないという女性に対しては

「僕は太めが好きだよ。健康的で、一緒にいて楽しいから。ぽっちゃりって言われたら辛いのは分かるけど、僕はぽっちゃりで嬉しいよ。」

です。

ブサイクだと言う女性に対しても同じで、僕はブサイクだと思わないとアピールします。

さらに熟女に対しては

「歳を言わなきゃ20代だと思ったよ!本当にきれいでビックリ。そんな美貌でおばさんなんて言えないよ。」

とひたすら褒めます。

人妻は夫だけの生活に退屈してますし、ぽっちゃりやブサイクはコンプレックスを持ってます。

また、熟女はまだまだ現役で遊びたいと落としやすい人達です。

女性が言う事に共感し、コンプレックスや自信がない所を褒めて口説けば、出会える確率は高いでしょう。

さらに感受性が豊かだったり、自己主張が強ければ狙うしかありません。

押してダメなら引いてみる

あまり押しすぎてしまうと、「こいつ、しつこいな」「暑苦しい(息苦しい)」「うざいな」など思われてしまうこともあるかと思います。

相手が「自分のことを好いている」と有頂天になってしまうことです。

それではどんなに自分をアピールしても意味がありませんし、嫌われてしまっては、もともこうもありません。そんな時は十分に押したら引いてみましょう。

極端に近づかなくしてみたり、話しかけるのも必要最低限にしたり、他の友達と過ごすようにしてみたり、敢えて少し相手に冷たくしてみるんです。

いきなりされることによって開放感と共に寂しさと疑問が相手を包みます。

それによって、「もしかして自分に飽きたのか?」「冷たくし過ぎたのか?」と焦ったり「ぼやぼやしている内に、あいつに取られてしまった!」と相手は無性に取り返そうと思ったりします。

心理作戦を使うんですね。これによって、自分をアピールしていたときよりさらにアピールする事が出来ます。

「押して駄目なら引いてみろ」作戦はなかなか効果があります。

相手が自分に振り向いて貰えないかもしれないと言う不安があると思いますが、とてもお勧めの方法です。是非試してみて下さい!

【まとめ】文章を拾えば落としやすい女性は見つかる

落としやすい女性は、感受性が豊か、自己主張が好きの2パターンです。

彼氏と別れたなどの時期によっても感受性が豊かになるので、女性が書く文章を見逃さないようにしましょう。

また、ファーストメールを送ってきた女性がいたら、その女性のプロフや掲示板、日記をチェックしてどんな女性か想像します。

落としやすいなと分かったらアプローチすれば、より落ちる確率は高まりますよ。

おすすめ出会い系ベスト3

PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会い系サイトを始めるならPCMAX!初心者でも使いやすくおすすめです!
無料会員登録でお試しポイント1000円分がもらえる!

ハッピーメール

ワクワクメール
出会いならハッピーメール ワクワクメール
昔からサクラもいない優良な出会い系サイトハピメ! ワクメは当サイト限定特典!無料p+50sプレゼント!